美容材料たくさん!ベルタ酵素の内緒事

ベルタ酵素は近年評判の酵素ドリンクですが、どうしてこんなに人気があるのか広く周知されているわけではありません。これは普通の酵素飲料にはないポイントがあるからです。こちらでは、ベルタ酵素の性質は何か、混合原料がどのようなものか、推奨の飲み方は何かを広く解説していきます。ベルタ酵素を余分に飲用すると太ることにもなりますので、注意するべきポイントにも触れていきます。ぜひ、参考にしてみてください。

ベルタ酵素のポイントって?

ベルタ酵素は酵素飲料の1つですが、他の酵素飲料と比較すると、配合成分がとても豊富という特性を持っています。通常の酵素ドリンクの場合は50種類前後ですが、ベルタ酵素にブレンドされている酵素の種類は165種類もあります。種類がこれだけ異なるので、その効力にも差が出るのは当たり前です。また、これらの豊富なマテリアルの中には、美容材料まで含有されています。これが第二の性質です。たとえば、ヒアルロン酸やプラセンタなどがその典型的なマテリアルでしょう。さらに、3番目の特徴としてはおいしいということです。ベルタ酵素の味はピーチ味になっていて、とてもおいしく、酵素ドリンクの独特のテイストが苦手で避けていた人でも美味しく飲用することができます。このように、ベルタ酵素にはオリジナルの特質がありますので、最近非常に評価されています。とくに、不規則な生活を送っていたり、不均衡な食事をしていたり、睡眠時間をきちんと確保できていない人などには、健康増進や美容を目当てとしてベルタ酵素を飲むことを推奨します。

美容原料や酵素がたくさん!ベルタ酵素のマテリアル

ベルタ酵素には165種類もの酵素がブレンドされていて、その中には美容効果が期待できるマテリアルも配合されています。たとえば、ザクロ、プラセンタ、ヒアルロン酸などがその材料です。1つ目のザクロには植物性エストロゲンが入っていて、肌に存在する美容原料の分泌を進める女の人ホルモンと同様の働きをしてくれます。2つ目のプラセンタにはペプチド、アミノ酸、DNAなどが含まれていて、肌のターンオーバーを促す機能を持っています。人間の肌はUVを受け続けるとスキンのハリやツヤをキープするコラーゲンやエラスチンの分泌が少なくなって、しわやたるみの原因になります。プラセンタはこれらを予防、解消してくれます。しかも、プラセンタには強い抗酸化作用もありますので、皮膚の加齢を進める活性酸素も除去してくれます。3番目のヒアルロン酸は肌に保湿力を与えてくれます。ヒアルロン酸は1グラムあたりで6リットルの水分を保つことができますので、少しであっても肌のハリを形作るのに非常に役立ってくれます。また、こうした美容マテリアル以外にも、そもそもベルタ酵素に潤沢に含まれている酵素自体解毒効果があります。そのため、透明感のある皮膚を実現してくれます。体内の毒素を排出して内側からきれいになることができます。

ベルタ酵素のイチオシの飲用方法

ベルタ酵素の正しい飲用方法を紹介していきます。その1つとして置き換え減量法があります。これは日頃の食事の代わりにベルタ酵素を飲むというものです。突然3食すべてをベルタ酵素にすると身体がびっくりしてしまいますので、まずは朝食と昼はしっかりと食べてディナーだけをベルタ酵素にするといいでしょう。この習慣を2週間程度続けると減量結果だけでなく美容効力も得ることができます。また、ベルタ酵素を飲むタイミングとしては空腹を感じたときが一番適切です。それというのも、お腹が減っているときというのは吸収力が高まっているタイミングだからです。このときにベルタ酵素を飲用すると美容マテリアルをいっぺんに体内に吸収することができます。空腹でないときに摂取するよりも成果を感じることができるでしょう。ちなみに、ウェイトが落ちてきたら痩せやすい体質になっているので、三食の食事量を少し減らしながら、ベルタ酵素を継続すると、体型をしっかりと維持することが可能です。

飲みすぎると太る?利用上の気を付ける点は

ベルタ酵素を飲みすぎると、滋養分を摂取しすぎることになるので、当然太ります。そのため、ベルタ酵素を1日に飲用する量はどのくらいなのかをきちんと理解しておく必要があります。これがベルタ酵素を飲用するときの注意点です。そもそも飲む量を増やしても結果が増すわけではありません。むしろ、ベルタ酵素を飲用する暮らしをするなら用量をしっかりと量ることです。それではその用量はどのくらいかというと、これは飲用する狙いに応じて若干異なります。ダイエットを目的として飲用するのであれば、飲料なら60ミリリットルが1食分です。3食分であれば180ミリリットルが規定量になります。一方、美容志向で飲用するのであれば1食あたり30ミリリットルが適切です。この量を毎食後飲むようにすることです。置き換えをする必要もなく、普段の食事を少し減らして飲むようにすればいいでしょう。こうした摂取量をきちんと守ることで、いずれのケースであっても、きれいな肌と減量しやすい体質をつくるのに一役買ってくれます。